トップページ 導入事例 > ソメスサドル 様

導入事例

2008/02

WANによるデータの一元化で情報ギャップを解消
~多品種・少量生産の商品管理を生産部門・受注部門で、顧客情報を北海道、東京間で共有~

ソメスサドル 様

業種 製造業
導入プロダクト BIG顧客管理Pro WAN / BIG販売管理Pro WAN
システム概要 販売管理システム / 顧客管理システム

【所在地】
北海道砂川市北光237-6
http://www.somes.co.jp/
TEL:0125-53-5111

ソメスサドル株式会社

国内唯一の馬具メーカー、ソメスサドル様の前身であるオリエンタルレザーの設立は昭和39年。職人の手で丁寧に作られた馬具を、海外のみに輸出することを目的に、ビジネスがスタートしました。

そして、昭和61年にソメスサドル株式会社に社名変更され、現在に至ります。

ソメスサドル様の本社を構える歌志内市は、かつて炭鉱として栄えた町だそうです。しかし、空知炭田が発見されて以来、歌志内市の基幹産業として支えてきた炭鉱も後に閉山。平成17年砂川市による企業誘致活動がなされ、雄大な自然の中にソメスサドル砂川ファクトリーが誕生しました。

ソメスサドル株式会社

馬具の輸出というビジネスから始まった同社の歴史は、北海道の歴史にも関係します。北海道の開拓に欠くことのできなかった馬に使われていた農耕馬具の技術を継承し、丹念に作られた馬具や鞍などをmade in japanで世界へとご提供されてきました。

現在も乗馬用の鞍や馬具をメイン事業として支える同社ですが、輸出だけに頼ってきたビジネスは、1970年代に入って揺らぎ始めることになります。いわゆるオイルショックの煽りを受け、円の不安定な状況が続き、国内販売にも目を向けることになりました。しかし、同社の得意としてきた馬具の販売に限定した場合、世界というマーケットと比較すると日本の乗馬人口はあまりにも少なく、「馬具だけでなく、いろいろなものづくりにチャレンジしたかった。」という染谷社長の思いも重なり、市場性の広い商品の開発へと着手したのです。

馬具の技術を用いて作られる同じ高品質な革を使った鞄や、バッグ、ペンケース、ペン立て、マウスパッドといったステーショナリーなどは、本格志向のビジネスマンやファッションに敏感な女性たちに広く受け入れられ、革製品の“ソメスサドル”をより有名にしました。

ソメスサドル株式会社

BIGシリーズ導入のきっかけ

同社の商品は、直営店である砂川ファクトリー、青山店、札幌店をはじめ、全国の有名デパートでも手に入ります。

その品質の高さから、現在も全国のデパートやショップからの出店要請が後を絶たないとのことですが、長く使える商品を、1人の職人の手で全行程を仕上げるというこだわりの商品は量産が難しく、販路拡大については慎重を期されているようです。

ソメスサドルは、多品種・少量生産で商品ラインナップされ、6000種類を数えます。大切に作られた商品の在庫数を把握すべく、商品管理を主な目的としてBIG販売管理Proを、お客さま管理にBIG顧客管理Proをご利用頂いています。

情報共有

多品種・少量生産の商品在庫の把握は、ソメスサドル様では重要なポイントとなります。そこで、製造部門と受注部門間で、BIG販売管理Proを利用して在庫管理をされています。受注担当者は在庫数を確認した上で、受注作業に移ります。

もうひとつ重要視されているのが顧客管理です。
馬具という商品特性上、長きにわたってご利用頂くお客さまや、ショップのお客さまカードにご記入いただいた方の管理にはBIG顧客管理Proを使い、これまでの購入履歴などを管理されています。このお客さま情報は、WANを使い、本社と東京にあるショップ間で共有できるしくみを構築されています。

WANの構築は、およそ5年前。それ以来、遠く離れた東京・北海道間でのショップでも、常にお客様の新しい情報を把握して、顧客サービス向上に努めてこられました。

今後の展望

ソメスサドルの商品は、自社ホームページによるオンラインショッピングで手に入りますが、大型ショッピングモールへの出店の有無を尋ねると、「商品を大切に管理し、自社の実力の範囲のみでこれまでやってきた。今後も、当社の手を離れ、コントロールできないことをする予定はない。」という同社。

大切に作りだされた商品を、第三者に任せきりにしないという、その理由は、製品についてのアフターフォローもしっかりとなし、お客様に安心していただく事を大切にする、親心のようなものを感じました。

今後も、乗馬ファンのみならず、本物にこだわるお客様に、素材や製法に徹底的にこだわった、ソメスサドルの確かな商品をひとつずつ丁寧にご提供されていかれることでしょう。

今後の展望
ページトップ このページの先頭へ