ID #90016
最終更新: 2017/08/09

A.

 

システムのクライアントライセンス追加やオプションライセンスを追加する場合、以下の手順で設定を行ってください。
※ST版(1台運用)、P2P版(2台運用)の場合、追加ライセンスはありません

■追加ライセンス
弊社から提供された追加ライセンスキーを設定することにより、システムへの同時接続台数が決まります。

1.スタートメニューの[ライセンスマネージャー]を開きます。

2.設定したいプロダクトが選択された状態で、「次へ」をクリックすると、[追加ライセンス]タブが開きます。

3.追加ライセンスキーカードに記載されている、「追加ライセンス№」「追加ライセンスキー」を入力し、「完了」をクリックします。

4.「追加ライセンスが設定されました」とメッセージが表示されれば、設定完了です。

■ライセンス再構築
なんらかの理由でライセンス管理データに異常があった場合に行う作業になります。

1.スタートメニューの[ライセンスマネージャー]を開きます。

2.設定したいプロダクトが選択された状態で、「次へ」をクリックし、[ライセンス再構築]タブを開いて、「実行」をクリックします。

3.「ライセンス設定が再構築されました」とメッセージが表示されれば、設定完了です。

■オプションライセンス
弊社から提供されたオプションライセンスを設定することにより、指定されたオプション機能の使用が可能になります。

1.スタートメニューの[ライセンスマネージャー]を開きます。

2.設定したいプロダクトが選択された状態で、「次へ」をクリックし、[オプションライセンス]タブを開きます。

3.オプションライセンスキーカードに記載されている、「オプションライセンス№」「オプションライセンスキー」を入力し、「完了」をクリックします。

4.「オプションライセンスが設定されました」とメッセージが表示されれば、設定完了です。

■オプションライセンスの削除
システムの拡張で従来のオプションライセンスでは運用することができない場合、そのライセンスを削除する必要があります。
手順に沿って、ライセンスを削除し、拡張後に発行されたライセンスを設定してください。

1.スタートメニューの[ライセンスマネージャー]を開きます。

2.設定変更したいプロダクトが選択された状態で、「次へ」をクリックし、[オプションライセンス]タブを開きます。

3.「一覧表示」から該当のオプションにを入れ、「削除」をクリックします。

4.「該当のオプションのライセンスがシステムから削除されました」とメッセージが表示されれば、削除完了です。

 

※詳しい設定方法は、「(簡易マニュアル)追加ライセンス・オプションライセンスの設定方法」をご参照ください。

 

このページをプリント