ID #10064
最終更新: 2017/11/24

A.

育児休業等終了した時の報酬月額改定算出は、以下の手順に従って、処理をしてください。

1.【人事マスタ】メニューを開き、該当社員を呼出し、「社保・単価等」タブをクリックし、「育児休業終了日の翌日が属する年月」を入力します。

例)育児休業終了日が「平成29年7月11日」の場合、育児休業終了日の翌日は「平成29年7月12日」となり、「育児休業終了日の翌日が属する年月」は「平成29年7月」となります。

2.メニュー【社会保険算定】→【随時改定入力・算出】を開きます。
確認メッセージが表示されますので、「OK」をクリックします。

3.「算定年月」を入力し、該当社員を呼出します。

4.「支払基礎日数」「金銭支給額」等を訂正後、「算出」「登録」の順にクリックします。

5.メニュー【社会保険算定】→【定時・随時一覧表】を開き、帳票様式の「随時改定」を選択
し、「算定年月」を入力後、「実行」をクリックします。
モニタ画面が表示されるので、印刷する場合は「印刷」をクリックします。
※用紙サイズは、15×11 か B4横を指定します。

◆社会保険変更通知書が必要な場合は、【社会保険変更通知書】メニューから出力してください。
※用紙サイズは、15×11 か B4横を指定します。

※簡易マニュアルに「「育児休業等終了時」の改定算出手順」を掲載しています。参考にしてください。

このページをプリント