ID #10093
最終更新: 2018/04/18

A.

Ver6.00以降のバージョンより「労働保険料算定基礎賃金集計表」の雇用保険欄に、免除対象高年齢労働者分が含まれるようになりました。

<注意事項>
平成28年12月31日以前に雇用された労働者が対象となります。

下記手順に従って、作業してください。

<手順>

1. メニュー【マスタ管理】→【人事マスタ登録】を開き、該当社員を呼出します。

2. [各種区分]タブを開きます。

3. 「雇用保険区分」欄が「計算無し」に設定されていることを確認します。

4. 「免除対象高年齢者区分」を「○:該当する」に設定します。

5. 「再登録」をクリックします。

※ この作業により、「労働保険算定基礎賃金集計表」(転記資料)へ免除対象高年齢労働者を含めて印字します。

<注意>

① 平成30年度保険年度の場合の確定保険対象の免税対象高年齢者の該当誕生日は、昭和28年4月1日以前に生まれた社員となります。

② 昭和28年4月2日から昭和29年4月1日の間に生まれた社員は概算保険料に該当しますので、平成30年度の確定保険料には含まれません。よって、免除対象高年齢者は「×:該当なし」となります。

このページをプリント