ID #18003
最終更新: 2018/03/08

A.

送料計算の設定方法は、以下のとおりです。

※予め、商品台帳に「送料」の商品を登録してください。

「送料」を売上伝票に入力する場合、3つの方法があり、それぞれ設定方法が異なります。

手入力する場合

<設定方法>

1.メニュー【台帳・初期設定】→【初期設定登録】→[その他2]タブを開きます。

2.「送料自動計算使用の有無 0:なし」を選択します。

3.送料用商品コード1~5に、【商品台帳】で登録しているコードを入力します。

<「送料」の入力方法>

売上伝票入力時に、伝票明細の取引区分「6:送料」を選択し、「参照」をクリックします。

送料参照画面が表示されますので、送料用の商品コードをダブルクリックで選択します。

※複数納品先があっても、まとめて「送料」を入力する場合は、明細の最後の行に入力してください。

 

代金が一定の額以上の場合に、自動計算する場合

<設定方法>

1.メニュー【台帳・初期設定】→【初期設定登録】→[その他2]タブを開きます。

2.「送料自動計算使用の有無 1:あり」を選択します。

3.「送料用商品コード5」に、【商品台帳】で登録しているコードを入力します。

4.送料自動計算基準額を入力します。
※ここで設定した基準額以上の場合、送料は「0円」になります。未満の場合は、送料が自動計算されます。

<「送料」の入力方法>

「送料自動計算基準額」で設定した金額未満の場合、売上伝票登録時に、下図のメッセージが表示されます。
「はい」を選択すると、「送料」行が自動でセットされます。

※「送料」を自動計算させない場合は、「自動送料設定しない」にチェックを入れて、売上伝票を登録してください。

 

・納品先毎に「送料」が異なる場合

<設定方法>

1.メニュー【台帳・初期設定】→【初期設定登録】→[その他2]タブを開きます。

2.「送料自動計算使用の有無 0:なし」を選択します。

3.送料用商品コード1に、【商品台帳】で登録しているコードを入力します。

<「送料」の入力方法>

売上伝票入力時に、「納毎送料」をクリックし、納品先毎に送料金額を入力します。

送料金額を入力後、「設定」をクリックすると、合計金額に「送料」が加算されます。

 

詳細については、簡易マニュアルの『送料計算について』をご参照ください。
※ICS会員様専用サイトにログインする場合、ICS会員番号とパスワードが必要です。

 

このページをプリント