2018年4月にリリースされる新バージョンV2.4.1で追加される機能をご紹介します。

クラウド電話 Twilio対応

KDDIウェブコミュニケーションズの提供するクラウド電話、Twilio(トゥイリオ)に対応します。
インターネット環境さえあれば電話交換機や電話機を使用せずに電話機能やCTIを利用できます。

例えば、本社は従来の電話交換機+ビジネスフォンを使用し、お問い合わせ専用のコールセンターや店舗ではクラウド電話、データはWArm+で共有する、といった運用が可能となります。

※電話運用、CTI運用には、KDDI ウェブコミュニケーションズと「Twilio」の利用契約を締結の上、別途費用が必要となります。

 

■CTI設定

Twilioの電話番号や連携に必要な情報を登録し、電話着信時に表示させる項目等を設定します。

着信時は、項目設計で作成した項目のうち、3項目まで自由に表示設定が可能です。
(会社名、フリガナ、部署名 など)

 

 

■着信

Twilioの番号に着信すると、ステイタスバーに通知を表示します。
電話受付画面が表示された状態で着信すると、発信番号がWArm+のデータに登録されている場合、検索結果を表示します。

検索結果をクリックすると、WArm+の画面を表示します。

 

電話受付画面

 

■発信

電話受付画面から、またはWArm+の電話番号欄横の発信ボタンから発信します。

受付画面から電話番号を入力して発信

 

 

WArm+の顧客情報から発信

テンプレートを用いれば、すぐにWArm+を使い始めることができます。まずは3ヵ月間のトライアルをお申込みいただき、実際に使ってみてください。

 ┃★┃WArm+ 無料お試しお申込み

まずは3ヵ月、無料でお試しください!

3ヵ月(最大)の無料期間終了後に、自動的に課金はされません。 
本稼働には、ご契約が必要となります。

WArm+無料お試しお申込み