よくあるご質問

印刷

Q月例更新後に、金額の修正をしたい

Aこの質問に対する回答

処理方法は、(A)または(B)より選択してください。

(A)月例更新後のデータを直接修正する場合

1.メニュー【管理資料・随時処理】→【賃金台帳】→【賃金台帳(月間)】を開きます。

2.該当社員を呼出し、「給与:○月分」へ該当月を入力します。

3.変更したい項目の金額を修正し、「登録」をクリックします。

(B)次月給与で調整する場合

< a.支給・控除金額の修正 >

1.メニュー【月例処理】→【勤怠データ登録】を開き、該当社員を呼出します。

2.「その他支給」、「その他控除」項目等へ差額分の金額を入力します。

(項目がない場合は、メニュー【初期設定】→【月例基本項目設定】→「月例支給項目設定」、及び「月例控除項目設定」より、変動項目の追加登録をします。)

 < b.社会保険料額の修正 >

1.メニュー【マスタ管理】→【人事マスタ】を開き、該当社員を呼出して、「控除項目等」を開きます。

2.「厚生年金料」と「住民税6月分」の間の項目(その他社保等)へ、返金の場合は「マイナス」、徴収の場合は、「プラス」で金額を入力し、「登録」をクリックします。

(項目がない場合は、メニュー【初期設定】→【月例基本項目設定】→「月例控除項目設定」より、画面右上の「その他社保1名称(その他社保2名称)」に追加登録します。)

3.次月給与の「月例更新」後、「手順2」で登録された社会保険料額を「0円」へ変更し登録します。

 

ID #10049

最終更新:

お客様の疑問は解決しましたか?
  • 解決した (0)
  • 解決したがわかりづらかった (0)
  • 解決しなかった (0)
  • 期待した回答ではなかった (0)

関連記事