よくあるご質問

印刷

Q賞与計算時の所得税計算方法

Aこの質問に対する回答

賞与所得に対する源泉徴収税額は、賞与支給月の前月給与の課税対象額と、扶養親族等の人数(甲欄のみ)により税率が算出され、賞与の課税対象額に、算出された税率をかけて所得税を計算します。
また、甲欄と乙欄で税率表が異なりますのでご注意ください。

 

<甲欄の場合>

例)
賞与計算月:「7月」、前月課税対象額(6月給与):「302,893円」、扶養親族の人数:「1人(配偶者)」、賞与支給額:「255,000円」

 

①前月課税対象額(6月給与)と、扶養親族等の人数を[甲欄賞与算出率表]に当てはめて税率を算出させます。

 

前月課税対象額は、[賞与処理] ⇒ [賞与データ登録]から参照できます。
  

 

前月課税対象額「302,893円」、扶養親族の人数「1人(配偶者)」を、[甲欄賞与算出率表]に当てはめると、282,000円以上338,000円未満の税率「6.126%」となる。
  

 

 

②( 賞与課税対象額 × ①の率 ) で所得税を求めます。

255,000円(賞与総支給額)- 0円(非課税合計額)- 38,720円(社保等合計額)= 216,280円(賞与課税対象額)

216,280円 × 0.06126= 13,249.3128 ※1円未満切り捨て

=13,249円

7月賞与支給の所得税は、13,249円となります。

 

 

<乙欄の場合>

例)
賞与計算月:「7月」、前月課税対象額(6月給与):「302,893円」、賞与支給額:「255,000円」

 

①前月課税対象額(6月給与)を、[乙欄賞与算出率表]に当てはめて税率を算出させます。

 

前月課税対象額は、[賞与処理] ⇒ [賞与データ登録]から参照できます。
  

 

前月課税対象額「302,893円」を、[乙欄賞与算出率表]に当てはめると、222,000円以上293,000円未満の税率「30.630%」となる。

 

②( 賞与課税対象額 × ①の率 ) で自動計算します。

255,000円(賞与総支給額)- 0円(非課税合計額)= 255,000円(賞与課税対象額)

255,000円 × 0.30630= 78,106.5 ※1円未満切り捨て

=78,106円

7月賞与支給の所得税は、78,106円となります。

 

 

 

 

ID #11047

最終更新:

お客様の疑問は解決しましたか?
  • 解決した (0)
  • 解決したがわかりづらかった (0)
  • 解決しなかった (0)
  • 期待した回答ではなかった (0)

投稿タグ

関連記事