電子帳簿保存法が
改正されました

電子帳簿保存法とは?

主にペーパーレス化促進のための法律です。
電帳法が対象とするのは、「(1)国税関係帳簿、(2)国税関係書類、(3)電子取引にかかわる電磁的記録
(PCなどに保存すること)の3種類。
事前申請の廃止やタイムスタンプ要件の見直し等の要件緩和が実施される一方で、電子取引は電子による保存が
義務化されます。事業規模に関わらず、企業・個人事業主が対象となります。

電子データによる保存の義務化については2年間の猶予期間が認められ、令和5年12月31日までは電子取引データを
書面に出力して保存することが可能となりました。
ただし、令和6年1月1日以降は電子データとして保存する必要があります。

電子帳簿保存法の定める保存制度は
大きく分けて3つ

改正のポイント

Point1紙で保存はNG
データでもらった請求書を
「紙」で保存できなくなる?

メールで受け取った、請求書のPDFといった「データ」の電子保存が義務化さます。今までは「紙に出力して保存か、
電子データ保存か」を選ぶことができましたが、令和3年度の電子帳簿保存法改正により電子データ保存一択となります。
紙で受領している場合には電子取引の対象外のため、紙の保存のままで問題ありません。

Point2正しい電子データの取り扱い
受領した電子データは
どう取り扱う?

電子で受け取った発注書などの電子取引の保存要件として、「真実性の確保」と「可視性の確保」の2つを満たす必要があります。

真実性の確保:保存されたデータが改ざんされていないこと

可視性の確保:保存されたデータを検索・表示できること

<真実性の確保> ※①~④いずれか
  • ① タイムスタンプ付与後に、取引情報の授受を行う
  • ② 取引情報の授受後、速やかにタイムスタンプを付すとともに、保存を行う者または監督者に関する情報を確認できるようにしておく
  • ③ 記録事項の訂正・削除を確認できるシステムまたは訂正・削除を行うことができないシステムで取引情報の授受や保存を行う
  • ④ 正当な理由のない訂正・削除の防止に関する事務処理規程を作成し、その規程に沿った運用を行う
  • *¹ タイムスタンプ :電子データにタイムスタンプ(電子データのハッシュ値と時刻情報を組み合わせたもの)を付与することで、書類の信頼性を証明します。
  • *² 真実性の確保 ④ で運用する場合の、事務処理規程のテンプレートをご用意しております。詳細は担当営業までお問い合わせください。
<可視性の確保>
  • ・保存場所にPCやディスプレイ、プリンタおよびこれらの操作マニュアルなどを備え付け、画面や書面に整然とした形式及び明瞭な状態で速やかに出力できるようにしておく
  • ・電子計算機処理システムの概要書を備え付ける
  • ・検索機能を確保する ※次の要件を満たす検索機能を確保しておく
  • A.取引年月日その他の日付、取引金額及び取引先を検索条件として設定できる
  • B.日付または金額の範囲を指定して条件を設定することができる
  • C.2つ以上の任意の記録項目を組み合わせて条件を設定できる
真実性の要件について

真実性の要件については①~④のいずれかの措置を行うこととされていますが、すべての電子データに有料のタイムスタンプを付与する①の運用には、コストがかかります。
発行する側にはタイムスタンプを付与し、受領は④の事務処理規程で運用するといった自社にあったルールを策定しましょう。

①または②を満たし、さらに電子帳簿保存法対応以外の業務効率化を見据えて、WArm+の導入をご検討下さい。

システム化すると、
こんなメリットが

  • ペーパーレスを実現

    電子帳簿保存法に対応することで、原本の保存が不要に!これまで印刷してファイリングしていた大量の請求書や領収書を電子化することで、ペーパーレス化を実現します。

    データをクラウドに保存することで、災害時のリスク回避やデータ保管コストの削減にもつながります。

  • タイムスタンプで改ざん防止

    インボイス制度のスタートも控え、今後ますます電子取引が活発になることが予想されます。

    インボイス制度では、データでの適格請求書の交付が認められており、データで交付したインボイスは、電子帳簿保存法の電子取引データとして保存する必要があります。
    BIG販売管理Neoなどのアプリケーションで作成した請求書にタイムスタンプを付与することで電子取引データの保存要件を満たすとともに、改ざん防止につながります。

  • カンタン検索

    取引先から受領した請求書や領収書などをデータ化することで、日付や取引先名、金額などの条件でカンタンに検索ができるようになります。

    監査時の対応はもちろん、データがクラウド上にあるので、タブレットやスマホからでもいつでもどこでもデータにアクセスできるためリモートワークでも安心です。

SRの電子帳簿保存法
対応サービス

Point3電子データの連携

イリイプロダクトに関する電子データにタイムスタンプを付与し、クラウドのストレージに保存し管理するサービスです。

※2022年11月より順次サービス開始

2022年11月サービス開始予定

お客様から受け取った、注文書や請求書などの電子データ(PDF)を、伝票に紐づけて管理します。

また、販売管理からPDFで出力した請求書/納品書をWArm+で管理します。

電子データはクラウドサービス WArm+にアップロードされ、タイムスタンプ(改変不可)を付与します。タイムスタンプの有無は任意で選択可能です。

2023年4月以降サービス開始予定

領収書などの電子データ(PDF)を、仕訳に紐づけて管理します。

電子データはクラウドサービス WArm+にアップロードされ、タイムスタンプ(改変不可)を付与します。タイムスタンプの有無は任意で選択可能です。

2023年4月以降サービス開始予定

お客様から受け取った、注文書や請求書などの電子データ(PDF)を、伝票に紐づけて管理します。

また、SimplexからPDFで出力した請求書/納品書をWArm+で管理します。

電子データはクラウドサービス WArm+にアップロードされ、タイムスタンプ(改変不可)を付与します。タイムスタンプの有無は任意で選択可能です。

2022年11月サービス開始予定

BIG販売管理Neo、BIG財務会計Neo、Simplexに登録された電子データを、WArm+にアップロードして管理します。

WArm+単体での利用も可能です。

他社サービス API連携
WArm+のAPIで、上記以外のシステム以外の、他社サービスとの連携を可能とします。

SRプロダクトの対応内容

真実性の確保
ファイル添付機能
お客様から受け取った、注文書や請求書などの電子データ(PDF)を、伝票に紐づけて管理します。
電子データはクラウドサービス WArm+にアップロードされ、タイムスタンプ(改変不可)を付与します。
※タイムスタンプの有無は任意で選択可能です。

  • ・先方がすでにタイムスタンプを付与した注文書→受注伝票にタイムスタンプ無で添付
  • ・タイムスタンプ無の注文書→タイムスタンプを付けて添付

PDF以外のファイルが添付された場合は、PDFファイルを作成して、PDFに添付してアップロードします。

伝票に添付されたファイルを一覧で表示します。
こちらの画面からWArm+にジャンプしたり、ファイルのダウンロードが可能です。

ファイルプレビュー
PDFの請求書等の情報を見ながら、検索に必要な得意先名や日付などの項目を入力できます。
アップロード前でもプレビュー可能です。
可視性の確保
要件に沿った検索条件で、添付された電子データを検索します。
  • A.取引年月日その他の日付、取引金額及び取引先を検索条件として設定できる
  • B.日付と金額については範囲指定して検索できる
  • C.2つ以上の項目を任意に組み合わせて検索できる
  • D.検索項目について記録事項がない電磁的記録を検索できる
※電帳法 第四条 取扱通達4-9

検索機能

電子帳簿保存法対応以外にも使える!
電子データの保存先として使用するWArm+は、電子帳簿保存法管理以外にも、お客様管理や資材管理など、
自由に画面を設計してご利用いただけます。
ククラウドサービスのWArm+は、PC以外にスマホやタブレットでも閲覧できるため、業務効率化やサービス向上にぜひご活用ください。

料金プラン※ 表示された価格はすべて税込です。

電子帳簿保存法対応オプション
BIG販売管理Neo/BIG財務会計Neo/Simplexの電子帳簿保存法対応オプションです。
商品名 標準価格
BIG販売管理Neo 電子帳簿保存法対応オプション 77,000
BIG財務会計Neo 電子帳簿保存法対応オプション 77,000
Simplex 電子帳簿保存法対応オプション 220,000
クラウド
電子データや添付ファイルをストレージに保存します。
商品名 標準価格
WArm+ 1ID
  • 標準ファイルアップロード容量(1GB +ユーザー数 × 512MB)を超える場合、
    月額従量課金制で容量を追加できます。
38,500/1
110,000/3
176,000/5
タイムスタンプオプション
年間2,400件までのタイムスタンプをご利用できるサービスです。
商品名 標準価格
WArm+ タイムスタンプオプション
  • 1年分のタイムスタンプ数(2,400)を超える場合、予め追加スタンプの購入が必要です。
51,700/1
148,500/3
242,000/5
タイムスタンプ追加
100件のタイムスタンプを追加でご利用できるサービスです。
商品名 標準価格
WArm+ 追加スタンプ100
  • 1年分のタイムスタンプ数(2,400)を超えた分を、年に1回追加請求いたします。
1,650
BIG販売管理Neoをご利用のお客様 価格構成例 (年額)
ケース1:
電子データにタイムスタンプを付与してWArm+で管理する場合
ケース2:
事務処理規程を作成した上で、タイムスタンプを付与せずにWArm+で管理する場合
  ケース1 タイムスタンプあり ケース2 タイムスタンプなし
初期費用 77,000 77,000
ランニング費用 90,200 38,500
合計 167,200 115,500
参考(月額) 13,933 9,625
参考(次年度以降) 7,517 3,208
  • ケース1:電子帳簿保存法対応オプション、WArm+1ID(年間)、 タイムスタンプオプション(1年分)を含みます。
  • ケース2:電子帳簿保存法対応オプション、WArm+1ID(年間)を含みます。

イリイのプロダクト

導入に関するお問い合わせ

フリーコールでお問い合わせ

最寄の担当拠点の営業部門にフリーコールでおつなぎします。

0120-161-229

【受付時間】土・日・祝日を除く9:00-12:00、13:00-18:00

フォームでお問い合わせ

ソフト導入に関するご質問やご相談などを承ります。

※担当拠点の営業部門より回答させて頂きます。土・日・祝日に頂いたお問い合わせは休み明けの対応となりますので予めご了承ください。