イリイのメールマガジン イリジン

メルマガブログ

『現代経済学の直感的方法』

『現代経済学の直感的方法』。ちょっと敬遠したくなるようなかたいタイトルだが、とにかく、すいすい読める。いや、ぐいぐい読まされてしまう、といったほうがいいだろうか。シンプルな例えと簡潔な言葉で、資本主義について、金利につい …

薬師丸ひろ子「Woman “Wの悲劇”より」(松本隆/呉田軽穂)1984東芝EMI

ここ数年、コンサートを積極的に行っていたことは、知っていました。また、大瀧詠一作曲の「探偵物語」やこの曲が、1980年代のスタンダードとして、屈指の名曲であったことは再認識していました。 そんな折、2019年のライブ映像 …

第110回 不要不急の旅

はじめに 日本中が落ち着かなくて、出口の見えないトンネルにいるような気分です。 もしかすると、今我々は歴史の転回点にいるのかもしれません。。。 といった難しい話は得意じゃないので、炎上覚悟でいつものように誰の得にもならな …

第31回 ネクタイとICレコーダー、それにZOOM

「十年一昔」というくらいで、週刊誌の記者をやめて10年もたつと、「世の中変わったなぁ」と思うことがいくつもある。 たとえば、「ネクタイ」だ。あたしが現役だったころは、率先して「クールビズ」(2005年から始まった)を推進 …

『人間たちの話』

今はSFを読むのにふさわしい時期ではないか、と思っている。それは別に、SFに描かれているような未来がこれからやってくるからとか、SFで示唆される知見が今後役に立つから、というわけではなく、多くのSFが持つ「人間に対する視 …

第30回 バブルの時代の「観桜会」、そして「記者懇親会」

このメルマガのクライアントや読者との兼ね合いで、できるだけ「特定の社名」を出して欲しくないのだそうである。 先月も編集段階で「社名」を削られたため、こちらとしては予め確認をしておかなければならないな。ということで、「この …

Sheila E. 「The Glamorous Life」(Prince)1984Warner Bros

1980年代半ば、プリンスは世界の音楽の頂点に鎮座していました。孤高の存在として、数多の普通の天才を遥かに凌駕した境地にいたのです。 当時高校生の私は、殿下のアルバムが発表される度に、その圧倒的な創造性に驚愕させられてい …

『「家庭料理」という戦場: 暮らしはデザインできるか?』

文化人類学者である著者が、戦後から現在に至るまで、さまざまな家庭料理のレシピを実際に作って考察しつつ、日本人の料理をめぐるさまざまな営みを追った本が、この『「家庭料理」という戦場:暮らしはデザインできるか? 』である。 …

三上博史 『Kanzen』 (Bowne/Blume/Mikami) 1991Victor

1991年、三上博史の3rdアルバム「Oral」。ほぼ同時期に発売された小泉今日子の「Afropia」と型番が連番だったのことを印象的に覚えています。当時の人気俳優の二人は、映画やテレビドラマでも共演していましたが、この …

第29回 NTT分割問題を追いかけた、「あの頃」

経済誌記者としては、銀行・証券等の金融担当が長かったんだけれど、エレクトロニクス・通信も7年くらいやりました。1991年~98年のことです。 これにはワケがあって、当時は「NTT分割」が社会問題になっていたんですね。巨大 …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

毎月2回、メルマガを配信します。

bnr_contact_ja

月別

  • facebook
PAGETOP
Copyright © イリイのメールマガジン イリジン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.