イリイのメールマガジン イリジン

メルマガブログ

『この本を盗むものは』

『戦場のコックたち』そして前作の『ベルリンは晴れているか』という本格歴史ミステリで高い評価を得た作家の深緑野分。『この本を盗むものは』は彼女の最新作だ。 前作と雰囲気は大きく変わり、遊び心にあふれ、読書好き、小説好きには …

The Cure「In Between Days」(Smith)1985Fiction

「売れ線」という言葉があります。一般大衆がわかりやすくキャッチできる意匠をちりばめ、作品の充実よりも大きなセールスを狙う。音楽だけでなく、映画や小説でも「売れ線」という考え方はあります。 しかし、昨今「売れ線」は、退潮傾 …

第39回 ヤクザに拉致されて山に埋められた「怪人」の思い出

あけましておめでとうございます。緊急事態宣言再びというご時世ですが、本年もよろしくお付き合いくださいまし。 慌ただしい年の瀬にふっと思い出したことがあったので、新年にはいささかふさわしくない気もするのだけれど、あえて記す …

第114回 2021年 うしの件

新年あけましておめでとうございます。 なんとも釈然としない年末年始(というかここ数ヶ月)ですが、新年ですから気を取り直して新たな気持ちでスタートしようと思います。 今年は丑年ですね。 「丑年」と書いて「うしどし」と読みま …

第4回 ただの業務改善で終わらせない

元信金マンのDX営業雑記 第4弾です。 前回の第3弾では、RPAとAI-OCRを連携活用したDXの取り組みの成功事例をご紹介しました。 あくまで最新のデジタル技術を活用した業務改善と言ってしまえばそれまでの事ですが、業務 …

『じんかん』

松永久秀を描いた歴史小説『じんかん』は、500ページを超える分厚さだが、気持ち良いぐらい、どんどん読み進めることができる。まさ年末年始の読書にぴったりの作品である。 松永久秀ーー松永弾正と言ったほうが、わかる人は多いかも …

「最後のkiss」(小泉今日子/Ebby)1991Victor

恋は、必ず終わる。人は恋することで自分を知り、愛することで成長する。そして、あんなに手に入れたかった高嶺が、ふと、凡庸に見える瞬間が訪れる。 アルバム「Afropia」は、小泉の最高傑作であるばかりでなく、綿々と続く日本 …

第38回 どうしても会いたかった本田宗一郎と色川武大

週刊誌記者時代に、数万人単位の方々と名刺交換をさせていただいた。「インタビューという仕事」についても、すでにこのコラムで紹介しているが、おそらく記事を書いただけでも500人くらいはいるだろう。 話を聞いていて面白いひとは …

第3回 「デジタル技術を利用したDX」と「プロセスの変革を担うためのDX」

元信金マンのDX営業雑記もいよいよ第3弾となりました。 第1回、第2回とDXの根底について触れてまいりましたが、今回は最新のIT技術や注目度の高まりを見せるAIを活用した「デジタル技術を利用したDX」と、「プロセスの変革 …

プラグイン ~OBC商奉行 Web-API連携

クラウドサービスであるOBCの販売管理「商奉行」とWArm+の連携サービスをリリースしました。 WEB APIで連携しており、商奉行の得意先から直接データ連携します。 得意先名や担当者などの基本情報を商奉行と連携し、応対 …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

毎月2回、メルマガを配信します。

bnr_contact_ja

月別

  • facebook
PAGETOP
Copyright © イリイのメールマガジン イリジン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Secured By miniOrange