2018年12月にリリースされる新バージョンで追加される機能および変更点をご紹介します。

・操作ボタンの変更

簡易検索(入力画面のデータ呼び出し機能)

項目表示順・入力順設定

グループの表示設定

操作ボタンの変更

Ver2.6より、入力画面の操作ボタンが変更されます。

ボタンにそれぞれアイコンが付き、操作のイメージがしやすいよう変更されました。

誤操作防止のため、ボタンの配置も変更されていますのでご注意ください。

↓クリックすると拡大します。

台帳画面の「呼出」ボタンは、今回新規で追加されました。

詳細は以下「簡易検索」をご参照ください。

※データを呼び出した状態で、前表示・次表示が可能な場合は以下のように表示されます。

簡易検索

台帳入力画面に簡易検索機能が追加されます。

項目や台帳を指定せず、あいまい検索には全文検索が便利ですが、”現在開いている台帳のこの項目のデータ”を検索する場合に使用します。

 

台帳入力画面で、新しく追加された ボタンをクリックします。

 

簡易検索ウィンドウが開きますので、検索項目を指定します。

 

検索値を入力します。

ここで入力した値を部分一致で検索します。完全一致で検索する場合には、完全値を入力してください。

例)

[検索値]=システム

[検索結果]

株式会社システムリサーチ

システムリサーチ株式会社

システム商事サービス

クリエイトシステム・・・など、”システム”という値をすべて検索します。

 

検索結果より、該当のデータにチェックを入れて「呼出」をクリックします。

 

項目表示順・入力順設定

項目設計画面で作成した項目の表示順の変更や、台帳入力中の入力順の設定が可能となります。

 

項目表示順

項目の順番を変更すると、検索条件やデータインポート時に表示される順番が変更されます。

入力画面は変更されませんので、入力画面の表示を変更する場合は画面設計で変更してください。

 

[管理者サイト]台帳設計の項目設定画面で、表示を変更したい項目行にマウスを移動します。

マウスカーソルが または   の状態で、移動したい場所にドラッグ&ドロップします。

以下の場合は、5行目にあった”フリガナ”を、4行目に移動しています。

 

5行目と4行目が入れ替わりました。

 

入力順設定

台帳入力中、タブキーで項目間を移動する場合の入力順の設定が可能となります。

 

[管理者サイト]台帳設計の画面設計を選択。入力順設定をしたい画面を呼び出します。

新しく追加された をクリックします。

 

4行目の「会社名」を一番先に入力したい場合、4行目の会社名を1番上にドラック&ドロップします。

 

会社名が1行目に入れ替わりました。

 

[ユーザーサイト] で入力設定をした台帳では、タブキーが上記で設定した通りの順番で移動します。

 

グループの表示設定

親台帳に子台帳を行単位で表示する「グループ」エリアの表示設定が可能となります。

例えば、下図 受付No.は親台帳上への表示は不要で、受付日、時間の枠が少し大きく、全体が見えない場合などに、必要な項目のみを表示したり、項目の表示枠を最適化したりする場合に設定します。※項目の入れ替えはここではできませんので、項目の入れ替えは上記でご紹介した項目表示順の変更をしてください。

[管理者サイト]台帳設計の画面設計を選択。

項目の表示/非表示設定

貼り付けられた子台帳の「グループ」エリア内で右クリックをし、「グループ設定」を選択します。

 

項目設計で作成した項目名と横幅(ピクセル)が表示されます。

非表示にするには、該当項目の  をクリックします。

親台帳上の表示をしないだけで、項目は削除されません。

表示幅の変更

上記、「グループ設定」のプロパティ画面でピクセル単位でも表示幅の設定が可能ですが、画面を確認しながらの変更も可能です。

項目間の境目でマウスカーソルが  の時、ドラッグすることで幅を変更します。

 

最後に「保存」をクリックするとグループの表示設定を保存します。

グループの表示設定を変更すれば親台帳に表示したい項目をカスタマイズできますので是非試してみてください。

 

テンプレートを用いれば、すぐにWArm+を使い始めることができます。まずは3ヵ月間のトライアルをお申込みいただき、実際に使ってみてください。(今回ご紹介した機能は、2018年12月17日 リリースを予定しています。)

 

 ┃★┃WArm+ 無料お試しお申込み

まずは3ヵ月、無料でお試しください!

3ヵ月(最大)の無料期間終了後に、自動的に課金はされません。 
本稼働には、ご契約が必要となります。

WArm+無料お試しお申込み