マニアックなレコードコレクターであることで有名な山下達郎は、常に時代のマスも意識したヒットを飛ばし続けて、誰しもが認める大御所の位置を確立しています。

そんな御大がまだ若く、キレキレだったころの小キャパでのライブアルバム「IT’S A POPPIN’ TIME」。素晴らしい名演が永遠に私たちに残されていることを感謝したいと思います。

70年代日本のロックの大きな潮流は、はっぴいえんど系のスタジオミュージシャンのリズム解釈によって、巧緻に深化したと言えます。

山下氏も出自はナイアガラであり、大瀧詠一師匠のバックアップでデビューしていますので、純然たるはっぴぃえんど系です。

しかし、このライブで聞けるグルーヴは、はっぴいえんど~ティンパンアレー系のスノビッシュな洗練とは一線を画します。

「どす黒い」とまでは言いませんが、かなりイナたく黒い。どっしりとしてコク深いリズムセクションは、ハイレコードを想起させもします。

沈み込む程に、聴く者の体内にジワジワ浸透するグルーブに乗っかってくるのは、ポップの神髄も理解し尽くしたコードとメロディー。あくまで主役は氏のヴォーカルです。

http://www.tatsuro.co.jp/