今回は、BIG顧客管理Neoの業種別テンプレートで作成した、エステサロンの画面をWArm+でも作成し、2つのソフトの違いを少しご紹介します。

BIG顧客管理Neo

 

WArm+

 

イメージ的にはほぼ同じような画面が出来上がりました。

 

違いその① 履歴項目

まず、履歴(グループ)の持ち方に違いがあります。

BIG顧客管理Neoでは、基本情報の画面にレイアウトしたグループ項目(履歴)に直接入力していきます。

 

 

WArm+では、基本情報[親台帳]に履歴行[子台帳]を貼り付けて表示。
もちろん直接入力もできますが、子台帳の画面も設計できるので、子台帳に遷移して入力することも可能です。

履歴項目が多い場合、横スクロールしながら入力していくよりも、レイアウトされた子台帳で入力できた方が便利です。

親台帳に貼り付けた子台帳(履歴行)

新規ボタンをクリックして行を選択すると、子台帳にジャンプします。

BIG顧客管理Neoでは、お客様情報を呼び出してから履歴を入力というのが基本ですが、WArm+は履歴項目を最初に入力し、あとから親台帳(顧客基本情報)に紐づけることが可能です。

また、BIG顧客管理Neoでは1台帳につきグループ項目が作成できるのは3つまでですが、WArm+では無制限で作れますので、3つ以上の履歴項目を作成したい場合はWArm+のほうが向いているかもしれません。(施術履歴、物品購入履歴、お問い合わせ履歴、DM発行履歴 など)

 

違いその② タブ制限数

1画面で管理できるタブの数にも違いがあります。

BIG顧客管理Neoは5画面まで。

 

一方、WArm+では基本的に無制限で作成できます。
情報を細かく分けて管理したい場合は便利ですね。

 

違いその③ 設計画面数

BIG顧客管理Neoでは、項目設定=入力画面 と1対1になっています。

 

一方、WArm+は1対Nの管理が可能。
1つ管理項目を設定すると、同じ項目設定を使っていくつも画面設計が可能です。

エステサロンの例ですと、事務所で確認するデスクトップ用のアンケート画面と、店舗でお客様に入力していただくタブレット用の画面の2パターンを設計しました。

管理者向けには全ての項目で画面を設計、スタッフには項目を制限して画面を配布すれば、セキュリティの確保にも役立つかもしれません。

 

 

違いその④ 印刷設計

BIG顧客管理Neo、WArm+とも、設定した項目を差し込んで印刷する”台帳設計”の機能があります。

まず、BIG顧客管理Neoで、お客様管理台帳を設計してみました。

 

項目にはないタイトルをつけたり、枠線を追加して見やすくしたり、フォントサイズを変更したりといった詳細な設計が可能です。

 

WArm+も同様に設計しました。

こちらも、BIGとほぼ同等の機能です。

 

唯一の違いと言えば、WArm+では枠線、背景、文字色の指定ができますが、BIG顧客管理Neoではできないことくらいです。

 

BIG顧客管理Neo

WArm+

 

印刷した顧客台帳もほぼ同じ仕上がりになりました。

BIG顧客管理Neo

WArm+ 

BIG顧客管理Neoでは、フォントやフォントサイズを変更する場合1項目ずつ設定しなければなりませんが、WArm+では複数項目を一括で変更することができたり、枠線のサイズ指定が座標指定のBIG顧客管理Neoに比べて、ドラッグによりサイズ変更のできるWArm+のほうが設定しやすいかもしれません。

WArm+では入力欄の枠線を消したい場合は”枠線なし”を指定しなければいけないところを、BIG顧客管理Neoでは最初から印刷用は枠線を付けない仕様のため、設定は不要です。

一長一短はありますが、いずれも数十分で設定は完了します。

 

違いその⑤ 印刷方法

印刷方法の大きな違いとして、BIG顧客管理Neoはプリンタに直接印刷、WArm+はPDF出力という違いがあります。

また、検索結果に対して一括で差込印刷が可能なBIG顧客管理Neoに対し、WArm+は1件ずつPDF出力という方法になります。

 

違いその⑥ 印刷できる帳票の種類

印刷できる帳票の種類は以下の通りです。

帳票種類 WArm+ BIG顧客管理Neo
台帳印刷
一覧表 ×
宛名ラベル ×
はがき宛名印刷 ×
はがき文面(縦・横)
集計表 ○(クロス集計表)

WArm+では、はがきサイズ(A6)の印刷は可能です。ただし、△なのは、縦書きに対応していないところにあります。

また、BIG顧客管理Neoのはがき印刷では敬称印刷を一括で指定したり、郵便番号の枠に綺麗に収まるよう補正値を設定したりと細かい設定が出来るのに対し、WArm+でははがき特有の機能はありません。

 

BIG顧客管理Neo 一覧表

 

BIG顧客管理Neo クロス集計表

縦軸・横軸の設定が可能。

 

いかがでしたか?他にもたくさんの違いがありますが、今回は画面設計と印刷機能の違いについてご紹介しました。

画面設計はWArm+のほうがフレキシブルですが、印刷機能はBIG顧客管理Neoの方が充実しています。

メルマガ配信や宛名ラベル、はがき印刷はCSVを出力して外部サービスを利用する、印刷するよりもPDFファイルやエクセルで加工した集計表をメールで添付したいといったお客様には、WArm+で十分だと思います。

BIG顧客管理Neoをご利用のお客様にも参考にして頂ければと思います。