今年も行ってきました岡村ちゃんのツアー「セレブリティ」。今年は中野サンプラザ公演です。今回もカバー曲をたっぷり披露。宇多田ヒカル、U2、荒井由実、カーペンターズの名曲がしっかり岡村節になってました。

そんななか、30年前の超名曲「バスケットボール」を久しぶりに聴けました。この曲の決めのフレーズはこんな歌詞です。

「僕が欲しいものはそんなものじゃなくて 君の彼氏、そう彼氏になりたいだけ」

うーん。若い男は結局こういうことしかないんですよ。あまりにもシンプル過ぎますが、岡村は、堂々と照れずに歌います。しかし、彼は、決して、そういうド天然ではない。
本当は恥ずかしくてしょうがないはずです。

岡村靖幸が、ずーっと言い続けているのは、「斜に構えるな!」てことなんですよね。
斜に構えて、批判的で冷笑的なスタンスを取っていれば、失敗して傷つくことはない。

でも、そういうのがいちばん、カッコ悪いんだぜ、ということを今年も岡村姿を見て、再確認することができました。

http://okamurayasuyuki.info/