2019年3月にリリースされる新バージョンで追加される機能および変更点をご紹介します。

ファイルアップロード(ファイル添付)機能

管理項目に添付ファイル項目が追加されます。
台帳入力時にローカルにあるファイルをWArm+のサーバにアップロードして共有できるようになります。

例えば、入会申込書PDFや画像ファイルなど、顧客情報や案件管理にドキュメントを紐づけて管理したい場合などに便利な機能です。

WArm+をご利用のお客様は、追加料金等なしで以下の通りご利用いただけます。

※ファイルアップロード機能はクラウド版のみの対応となります。

総アップロードサイズ上限  :1GB + (ユーザー数 × 512MB)
総ファイル数上限      :100,000ファイル
1ファイルあたりのサイズ上限:10MB

 

添付ファイルエリアの設定(管理者画面)

【台帳設計】→【項目設計】で項目を追加し、項目属性”添付ファイル”を選択します。

 

 

【台帳設計】→【画面設計】で添付ファイルエリアを設定します。

※”添付”ボタンのついているエリア内にファイル名が表示されますので、枠を大きめにとっておいたほうが見やすくなります。

右下をドラッグすることでエリアを拡大できます。

 

ファイルアップロード(ユーザー画面)

台帳入力画面で、ローカルにあるファイルをアップロードします。

添付ファイルエリアの”添付”ボタンをクリックします。

 

ダイアログが開きますので、任意のファイルを選択します。

 

ファイルを選択すると、ファイル名が表示されます。

説明には、添付ファイルの説明を入力できます。

例えば、スマホやデジカメで撮った写真は、IMG_XXXX.jp という感じで、ファイル名だけではどのような写真かわかりづらい場合があります。

このような時に、簡単な説明を入れておくと便利です。

一度にいくつものファイルをアップロードできます。

 

アップロードされたファイルは、下記のように表示されます。ファイル名の横の( )内に、入力した説明が表示されます。

ファイル名の横のアイコンをクリックすると、ファイルをダウンロードします。

 

親台帳に表示されるグループ項目(子台帳)に添付ファイルがある場合、添付ファイルの件数が表示されます。下記の例では、不動産会社の物件にメンテナンス履歴を表示しています。

 

添付ファイルの件数をクリックすると、ダイアログが表示されます。

 

 アイコンでダウンロードできます。

 

以上、WArm+リリース当初よりご要望の多かった機能が搭載されました。

トライアル中にも、同様の機能がご利用いただけます。(総アップロードサイズ上限は512MBとなります。)

ぜひご活用ください。

 ┃★┃WArm+ 無料お試しお申込み

まずは3ヵ月、無料でお試しください!

3ヵ月(最大)の無料期間終了後に、自動的に課金はされません。 
本稼働には、ご契約が必要となります。

WArm+無料お試しお申込み