緊急事態宣言が解除されて2ヶ月近くなります。
ようやく街に人が戻ってきましたが、自粛気分とマスク着用習慣は定着してしまったようです。

自粛期間中は時間の感覚が希薄になって、無人島にいるかのようでした。
とはいえ、現実にはテレビやインターネットがありますから、まったく孤独というわけでもありません。
情報はそれなりに収集できるし、ZOOM(インターネットテレビ会議ツール?)で会話もできるし、インターネット通販で買い物もできる。

無人島というより、逆にこれは未来社会なのかもと思ったり。
未来と言っても、子どもの頃に想像していた「21世紀」とは違いますが。
(大昔の少年マガジンのカラー扉の特集に「これが21世紀だ!」なんて記事がありました。懐かしいですね・・・遠い目)

長く部屋に籠もっていると、自然と整理整頓をするようになるものです。
本棚からすべての本を取り出して、作家順に並べ替えてみたり、
クローゼットから衣類を出して、お気に入りと不要品を分けたり。
むき出しで放置していた十数台のハードディスクをパソコンに繋いで、中味を確認してみたり、録画されているBDディスクの中味を確認して、タイトルを書いてみたり。
なんやかんやで少し片付いてくると、またインターネット通販でポチってみたり。(これは整理整頓ではない!)

この期間、結構、ネット通販を利用しました。
緊急事態宣言中(4/7~5/14)に注文した数が18件。
この件数が多いのか、少ないのかは判断がつきません。
ちなみに昨年10月初めから今年の3月末日までの注文数が19件でしたので、お籠もり中は約5倍のペースで買い物していたことになります。(こう比べると多いな・・・)

買った品物の内容も、普段買うような趣味のガジェットや使えない便利グッズの類いではなく、わりと地に足のついたモノ(?)が多かったのです。
いくつか例をあげてみます。

1.包丁
今まではスーパーで買った木の持ち手のついたステンレスの三徳包丁を使っていましたが、料理をする機会が増えた途端、切れ味や握り具合が気になって、ネットで持ち手までステンレスの外国製包丁を買ってしまいました。
高かったですが、切れ味もよく、美味しい料理ができるような気がして満足しています(錯覚?)。
★★ ほぼ8000円の出費で料理の鉄人。

2.温泉卵メーカー
自粛期間中のある日、急に温泉に行きたくなりました。
もちろん不要不急の外出は自粛しなきゃいけないし、温泉宿やスーパー銭湯も休業していました。
でも、人間、ダメと言われると気になるものです。我慢できませーん。
そこで、代償行為(?)として温泉卵メーカーを購入しました。
「メーカー」といっても電化製品ではなく、卵が2個入るサイズのチープなプラスチック容器です。
たぶん断熱素材が使われているのでしょう、卵を入れて熱湯を注いで、25分間放置するだけで温泉卵が出来上がります。
味付けには、未使用保存(!)の納豆のタレが最適です(なんかシミッタレてる)。
もう温泉に行った気分です!(ホントか?)
★★☆ 約1000円の出費で温泉気分。

3.ホットサンドイッチメーカー
ネットサーフィン(死語か?)で見つけた記事。
「肉まんをホットサンドイッチメーカーに挟んで調理したら(ただ焼いただけだと思う)途轍もなくウマい」という内容。
フェークニュースかもしれないと思いつつ、試してみたくてポチってしまいました。
ところが、同じことを考える人がいるのでしょうか。在庫切れで入荷まで1~2週間待ちとのこと。
(品薄はマスクやホットケーキミックスだけじゃないんですね)
で、忘れた頃に手許に届きました。
小さな四角いフライパンを上下にあわせたような形状のシングルサイズのやつです。
まずは、ネットスーパーで注文した鶏の手羽先を焼いてみました(肉まんじゃないのかというご指摘もあろうかと思いますが・・・)。
手羽先がちょうど4本入ったので、塩胡椒して、あとは適当に片面4~5分炙って、ひっくり返してまた4~5分。
中からジュージューと音がするのは、鶏自体の脂が出てきたのでしょう。香ばしい匂いもします。
これは缶ビール(これもネットスーパーです)のプルタブを開けるしかない!そういうシチュエーションです。
ゴキュッと一口呑んだところで、表面こんがり、パリッとジューシーな手羽先が簡単にできました。

翌日にはネットスーパーで買った食パンに、ネットスーパーで買った溶けるスライスチーズと、ネットスーパーで買った(もういいって)キャベツやマルシンハンバーグを挟んでホットサンドイッチを作ってみました(王道です)。
イヤー、ホントに自分で作ったものはウマいんです。
で、購入のきっかけになった肉まんはまだ挟んでいないのでした。。
★★★ およそ1700円の出費で男子ごはん。

4.ヨーグルトメーカー
引きこもっていると当然運動不足になるし、食事も偏る。
そこで、健康維持と免疫力を高めるのに効き目のありそうなヨーグルトをネットスーパーで買ってました。
R-1とかLG-21の類いです。
これも毎日食べていると、意外と出費が嵩んできます(ちょっと大げさか)。
目新しいガジェットを見つけたら、深く検討することもなく出費をするくせに、毎日のヨーグルト代を気にしてしまう。。。そんなケチな性分がヨーグルトメーカーをポチッとさせたのでした。

1個のR-1と1Lの牛乳を原料にして、1LのR-1が製造できれば大変お得です。
できあがったR-1(もどき)からまた1LのR-1もどきができれば、どんどんお得です。夢は広がるばかりです(でも具体的にいくらお得なのか計算しないところがお茶目です。テヘペロ)。

しかし、ヨーグルトメーカーも品薄なのでした。注文してから魔法のヨーグルトメーカーを手にするまで1週間ほど待ちました。
でも、待った甲斐はありました。
1個のR-1やLG-21から1Lのヨーグルトが簡単(9時間かかりますが、手はかかりません)に作れました。
元の製品と成分が同じなのかは知ったこっちゃないですが、気分的には同じなんで、得した気分です。
精神的にも健康になったし、免疫力も高まったようです(当社比3倍・・・あくまでも個人の感想です)。

このヨーグルトメーカーで週に1回製造をし続けて、今まで失敗はありませんでした。
ところが、このコラムを書き始めた今日、初めて失敗しました。
昨夜、ヤク〇トのソ〇ールをタネとして仕込んだのですが、今朝の出来上がりは凝固分のない液体、つまり牛乳そのものでした(泣)。
一縷の望みをもって冷蔵庫で冷却中ですが、冷えて固まるのか、それとも新作の「飲むヨーグルト」になってしまうのか。。。
★★☆ だいたい4000円の出費で丁半博打。

ほかにも色々買ったのですが、結局、ネット通販にお世話になったというよりも、宅配業者のおじさんにお世話になったと言う方が正しいようです。
いつも同じおじさんが配達してくれるのです。1日おきとか毎日とか。きっと「いっぺんに買い物しろよ」って思ってるだろうな。。。
だんだん申し訳なくなってきて、最近は家に居るのに置き配を指定するようになってしまいました(人間のクズですね)。

でも、ポチらずにはいられない(本当にクズですね)。

今は3日前に注文した電動バリカンの到着を待っているところです。

今月の教訓:反省の丸坊主は通販の電動バリカンで。(なんのこっちゃ)