BIG販売管理Neo
消費税改正・軽減税率対応

消費税改正、軽減税率の詳細については、以下の”消費税改正詳細ページ”をご参照ください。


帳票

請求書

「適格請求書発行事業者登録番号」の印字と、税種類ごとの内訳を印字します。
軽減税率対象商品には ※ を印字し、注釈を追加します。

納品書

「適格請求書発行事業者登録番号」の印字と、税種類ごとの内訳を印字します。

各種設定

適格請求書発行事業者登録番号

初期設定登録画面に、「適格請求書発行事業者登録番号」が追加されます。事業者番号や税率内訳の印字有無を選択できます。

初期設定(システム税率)

2019年10月1日になると自動的にシステム標準税率が10%に変更されます。

商品ごとの税率は商品台帳で設定します。

商品台帳

2019年9月30日までは標準税率8%で、10月1日以降変更される旨のメッセージを表示します。

2019年10月1日になると自動的にシステム標準税率が10%に変更されるので、税率の一括変更は必要ありません。

商品ごとに標準税率 10%、軽減税率 8%、経過措置 8%、非課税の設定をします。

伝票入力画面

従来は取引単位(伝票ごと)で一律の税率でしたが、軽減税率の導入により、行ごとに税率が変更できるようになります。

税率は商品マスタより引用しますが、伝票単位で税率の一括変更も可能です。

日付のチェック

過去伝票等からの参照時(受注参照・見積参照・前伝参照・明細参照時)、当時の税率と現在の税率が変わっていた場合は、現在の税率を適用するか確認メッセージが出ます。このチェックは『売上日』の日付で判断します。
(受注伝票=『受注日』、見積書=「見積日」)

税率毎の内訳表示

伝票合計 外税額の”内訳”ボタンをクリックすると、税種類ごとの内訳が表示可能となります。