よくあるご質問

印刷

Q月例更新後、前月の勤怠データ登録の情報がクリアされた

Aこの質問に対する回答

月例更新する際に、勤怠データ「複写しない」で更新をされた可能性があります。BIG給与計算Neoでは、勤怠データ消去の初期値は「⦿複写しない」になっています。前月の勤怠データ登録の情報を残す場合は、勤怠データの「⦿複写する」を選択して、月例更新を実行して下さい。

また、勤怠データ「複写しない」のまま、月例更新を実行してしまった場合は、次月以降の勤怠データを登録する際に、以下の手順で前月の勤怠データ登録情報を呼出すことができます。ただし、社員1名ずつとなります。

① メニュー【月例処理】→ [勤怠データ登録]を開く

② 社員番号を入力(または参照)し、呼び出す

③ 呼び出し後、「前回引用」をクリックすると、前月の勤怠データ登録の情報が反映

④ 最後に「登録」をクリックし、「後社員」をクリックして次の社員の勤怠データを登録

 

 

 

ID #11040

最終更新:

お客様の疑問は解決しましたか?
  • 解決した (0)
  • 解決したがわかりづらかった (0)
  • 解決しなかった (0)
  • 期待した回答ではなかった (0)

関連記事