よくあるご質問

印刷

Q本年最後の支給(12月給与)で年末調整の還付額(または徴収額)を精算する場合

Aこの質問に対する回答

年末調整の過不足税額を本年最後の「給与」で精算し、還付(または徴収)する場合は、以下の手順に沿って年末調整の処理を行います。

令和3年分の年末調整計算を行う前に、[ヘルプ] → [バージョン情報]から『BIG給与計算Neo Version 1.37以降』になっていることを確認してください。

<年末調整手順>

※年末調整計算は、昨年(令和2年分)と同じ手順になります。

※PDFファイルでのダウンロードができます。

1. 12月の給与計算を実行(毎月と同じように給与計算処理を行います)
注意)この時点では、給与明細一覧表や給与明細書に年末調整計算の結果は反映していません。

2. 年末調整データ登録(回収した申告書を基に、「本人/扶養控除」や「保険料控除等」「基・配・所」「住宅借入情報」「中途入社情報」それぞれのタブ画面から登録します)

3. 年末調整データの確認([年末調整データ登録]メニューから登録した内容を印刷して確認します)

4. 年末調整計算を実行([年末調整計算]メニューから処理区分「作成」、計算区分「一括」で実行します)

5. 年末調整計算結果の確認([年次処理]→[年末調整関係帳票]→[年末調整明細表]メニューから計算結果を印刷して確認します)

※年末調整計算の結果に誤りがあった場合
①[年末調整計算]メニューを開き、処理区分「取消」で実行
②年末調整データや、人事マスタの登録修正
③[年末調整計算]メニューを開き、処理区分「作成」、計算区分「一括」で実行し、手順6.以降の順に処理を進めます

※12月の給与計算結果に誤りがあった場合
①[年末調整計算]メニューを開き、処理区分「取消」で実行
②12月の勤怠データ等の登録修正
③[月例給与計算]メニューを開き、処理区分「作成」、支給年月日の入力、計算区分「一括」で実行
④[年末調整計算]メニューを開き、処理区分「作成」、計算区分「一括」で実行し、手順6.以降の順に処理を進めます

6. 年末調整計算結果反映の確認([月例給与確認モニタ]メニューから「所得税」欄に過不足額が反映していることを確認します)

7. 12月の給与資料を出力(給与明細一覧表や、給与明細書などを印刷します)

8. 源泉徴収票を出力([年次処理]→[年末調整関係帳票]→[給与支払報告書]メニューから印刷します)

9. 12月のデータ保存を実行(毎月と同じようにデータの保存をとります)

10. 12月の月例更新を実行(毎月と同じように月例更新を行います)

11. 管理資料の出力(賃金台帳などの年間資料を印刷します)

12. 年次更新前のデータ保存を実行(年次更新の実行前に、毎月とは異なる場所にデータの保存をとります)

13. 年次更新の実行(本年の給与、賞与、年末調整の処理が全て終わったら、[年次処理]→[年次更新]メニューから年次更新を行います)

 

 

 

<関連FAQ>

Q.令和3年度の年末調整の流れ・操作手順

 

 

ID #11120

最終更新:

お客様の疑問は解決しましたか?
  • 解決した (0)
  • 解決したがわかりづらかった (0)
  • 解決しなかった (0)
  • 期待した回答ではなかった (1)

投稿タグ

関連記事